Keiichi ITO Photography            >Go to Photo Gallery 
itokei2014.exblog.jp                                           

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

私設定義集 3 「デジタルカメラ」

■デジタルカメラ
「フィルムの代わりに撮像素子を使用したカメラ」
と、定義は簡単だけどコンピューターを内蔵するなど、構造はえらく複雑。
フィルムを知らない世代には、この定義では通用しないですね。

一般的な撮影で最も使われているデジタルカメラはスマホ/iPhonなど携帯端末に装備されたもの。最近の携帯端末カメラはとても良く写るので、コンデジは使わなくなってしまった。この画像もスマホのカメラで撮ったもの。メモ撮影や記念撮影によく使います。
高級デジタルカメラはフィルムカメラと比べ、高精細、超高感度、高速、大量撮影、短時間仕上げ、超低ランニングコスト・・・なので、コマーシャル撮影やイベント撮影などプロフェッショナルユースに最適です。
しかしデジタルカメラには僕なりの欠点もある。一番の欠点は、原版はデータであり実像がないので撮った写真に愛着を持てない。二つ目はダイナミックレンジが狭く、太陽を入れることがある僕にとって致命的欠点ともなる。これらの欠点は僕の趣向による個人的なものかもしれないが、主にこの二つの事由で、僕は作品制作にデジタルカメラを使用できないのです。 あー、でも、ライカモノクローム・デジタルカメラ。。ほしいなあ。。。
c0321424_20100965.jpg
僕の現用デジタル一眼

[PR]

by ITO_Keiichi | 2016-11-30 21:35 | 私設定義集
2016年 11月 23日

私設定義集2 「カメラ」


写真を撮影するための構造体。

レンズとレンズにより投影された映像を記録するフィルム(または撮像素子)と、それらを適切な位置関係に保持する箱から成る構造体。必要により、シャッターやピント調整機構、自動露出調節機構などを具備する。

撮影目的に必要な要件を満足する機能、構造であることがとても重要。


ということで、撮影目的によって必要なカメラが異なることが多く、いつの間にか沢山のカメラを所持することになってしまうのだ。時として、これが家族のひんしゅくの的となってしまうが、被写体毎あるいはプロジェクト毎に必要とするカメラが異なってしまうので、ある意味しょうがないのだ。そういえば三脚も同様です。誓って言うが、僕は断じてカメラコレクターではない!!


c0321424_00380514.jpg
これは、今、使用頻度の高い4x5カメラ。

[PR]

by ITO_Keiichi | 2016-11-23 00:43 | 私設定義集
2016年 11月 19日

私設定義集1 「写真」

フィルム時代、カメラで撮影した時点では画像はフィルムに潜像としてあるだけで画像を見ることは出来ない。

画像を見るためには、フィルムを化学現像して得られたネガを、さらに印画紙に焼き付けて始めて観察することが出来たのだ。

今は、デジタルカメラやiPhoneなど携帯端末が出回り、撮影した瞬間にモニターで画像を見ることが出来る。

そして今やこのモニター画像のことを「写真」と言っている。

でもねー。。。やっぱり写真は印画紙に焼いたものでしょう。


従って、私設定義としては、

「カメラで撮影した画像を化学処理して紙などの媒体に転写したモノ」


だいたい、モニターの画像だけではこの本に失礼です。

c0321424_18582169.jpg




[PR]

by ITO_Keiichi | 2016-11-19 19:21 | 私設定義集


伊藤計一の写真ブログ
my HPへ